無料ブログはココログ

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月23日 (月)

高槻セレクション遠征

21・22日に高槻セレクションのコーチとして帯同して来ました。

一緒に帯同した郡家の大住監督や竹田コーチにたくさんのアドバイスをもらいながら2位トーナメント優勝という一応の結果を出せたので一安心です。

やはりセレクションの選手は技術が高くこちらの要求した事をしっかりと行う事が出来るのでいろいろな事が出来て指導者としても楽しかったです。

選手のみんなもとても素直で二度とこのチームで出来ないのは残念です。

遠く三重県までたくさんの保護者の方にも来ていただきありがとうございました。選手にも力になったと思います。

去年の学年を卒団させて以来、久しぶりの真剣勝負の場だったのですが、やっぱり結果のために真剣勝負をするというのは選手をやめた今でも熱くなるものがあり、いいものですね☆

もちろん、少年サッカーなので育成ありきなんですが、やっぱり勝負じゃなきゃサッカーねぇと思いました。

来週は4年生の郡家カップ。

その次は大根遠征。

とても大きい大会なのでいろいろなチームと対戦出来ます。

たくさん勝っていろんな経験が出来るといいですね♪

byヒラタ

2007年7月13日 (金)

U-20日本代表

チェコ対日本。
Uー20日本代表の試合は今まで見たサッカーの中で一番面白い!!!!
あんなサッカーが理想☆
来週の高槻セレの遠征ではあんなサッカーしたい。
だからもっと日本代表の試合見たかったんやけど、負けてしまいました。
2-2のPK負け。
なんか、「う~~~ん」って感じ。
チェコそんな強くなかったよね。
日本も最初はいいサッカーして2点取ったやけど。
その後、チェコのパワープレーにビビっちゃって、持ち味出せないまま2失点。
「相手が代わった訳でない」by風間(解説者)
確かにテレビで見ててもチェコのフィジカルは怖かったし、審判のファールの基準の曖昧さにもイライラしたから焦っちゃって冷静になれないのはよくわかる。
でも、ずっと良いサッカーしてたからもっと見たかった。
対ブラジル、対スペイン、対アルゼンチン
見たかった!!!
だからちょっと愚痴っちゃったけど、Uー20はすっごい良いからこれからに期待大♪

さて、日本代表 、どんなサッカーかと言うと

1、高い技術で早いパス回し

2,めっちゃ走る

取られたら取り返す、取ったら攻める。やっぱよく走ってるサッカーは見てても気持ちいい。(日本人感覚?)

でも、やっぱ一番特筆すべきは高い技術やね。

身体能力で劣る日本人が世界で勝つにはっていう見本を見せてくれた気がする。

自分の思い通りにコントロールする。

6年生はだいぶ技術上がってるからもうちょいスピード上げて、

5年生以下はスピードよりも丁寧さ、

を意識してやっていこう☆

byヒラタ

2007年7月 4日 (水)

最近、思うこと

「北摂の選手はうまくなってるなぁ~」

僕が、このチームで指導を始めたのが6年前。

その時から毎年いろんな学年を見ているけど、今年が一番、どの学年もうまい。

毎週、確実にうまくなっている選手を見るのは実に楽しいです☆

なぜ今年が一番うまいのでしょうか?

(※「うまい」とは個人のボール扱いが上手という意味でチームとして強いという意味ではないです。)

一つは指導環境が整ってきた事。

6年前と比べてスタッフが増えたおかげで、学年ごとに指導が出来るようになったり、練習時間が増えたりして、質の高い練習が出来るようになったという事です。

若い指導者が増えたのも大きいです。若いということは一緒にプレーできるし、見本を見せられるという事ももちろんなんですが、若いというだけで子どもが興味を持つということもあります。「指導者は賢明な人でなければならない。そうでないなら出来るだけ若い方がよいbyルソー?(確か(^^;))」これは西洋教育史という授業で聞いたのですが教育の本質をついてるんじゃねえか?と思いました。最近まで、3週間高校へ教育実習に行っていたのですが、生徒たちは僕の授業をよく聞いてくれていました。物珍しさというのもあったとは思いますが、歳が近い分、僕自身に興味を持ってくれたのも大きかったと思います。指導者に興味を持つということは、=話を聞いてくれると言う事です。話を聞いてくれないとどんな良い事を言っても無駄ですからね。ルソーの言葉は教育実習の後に聞いたので教育の本質を少し知ったような気になりました。だから今は、若いということに甘えながら指導を勉強し、いずれ賢明なおっさんになれるようがんばります☆

話が少しそれましたが、指導環境がよくなった事で技術向上という結果が出ていることは指導者としてうれしい限りです。

でも、指導環境がよくなったというのは「うまくなった」要因としては30%ぐらいです。

一番大きな理由は「子どもたちのボールを触る回数/日」が増えたということ。フットサルをしている子が増えたり、学校でサッカーをしている子が増えたりしているのが「うまくなった」一番大きな理由です。特にフットサルは北摂以外にもサッカーを真剣にやらざるを得ない場という事で技術は確実に上がっていると思います。

「うまくなるためには何が必要か?」

それはたくさんボールを触ることです。

どれだけサッカーのない日にボールを触っているか。

逆に指導者としてはどれだけボールを触らせられるか。

「うまくなった」と書きましたが、他のチームと比べるとまだ足りないです。

もっと「うまくしてぇ~!!」

最近、試合を見てて思いました。

あっ、スケジュールはもう少しお待ち下さい(T_T)

byヒラタ

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »