無料ブログはココログ

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月28日 (金)

想い

気がつけば、夏休みも終わっとる(-o-;)

クラブの皆様、いかがお過ごしでしょうか?
この間の健康診断の結果、若干、肝機能数値が…。
やっぱり、不摂生かしら…!?とビビってる今日この頃です。

サマーフェスティバル、皆様の協力のおかげで、無事に終了致しました。
本当にありがとうございました。
何だか今年は、少し暑さもマシだったように思います。
熱中症などでダウンする事がなくて、本当に良かったです。

(とか言いながら自分が、初日少しダウンしてましたが)
改めて、多くの方々に支えられて、大会は運営されていますね。
目に見えない部分で、多くの方々の気遣いや、想いがあり、関わりの中で運営されていってます。
本当にありがたいことです。
今後もチーム主催の大会や、市の大会などがあります。
皆様のご理解とご協力をお願い致します。

さてこの間、部屋の大掃除やら、職場の整理やらで、色んな物が出てきます。
昔の写真を見るにつけ、
『やっぱ年とったなぁ〜』
って感じてます!!
(まだまだ若いやなないかい!という声も聞こえてきそうですが)

ピラって資料を開けば、あぁこんなんあったなぁ〜。
写真を見るにつけ、彼らは、今いくつなんやろう?
おぉ〜これこんなとこにあったんかぁ!!


いかに普段から整理整頓してないことか!!
いやいや今回は、そこでなく、

『想いは、やっぱり重い』

って感じてます。
例え高価な物でも、想いがなければ、大切には想いませんよね?
使いませよね?

高価な物と、大切な物って、やっぱり違うと思う今日この頃です。

やっぱり本当に大切な物って、お金では買えないと思います。
プレゼントは、もちろん嬉しい。
でもプレゼントしてくれる気持ち、想いは、もっと嬉しい。

(だからと言って、高価な物は、もちろん欲しいんですよ!)

想いを感じて、生きていかないといけないですね。

今日も何かを、誰かを、想い、想われて、日々は続いていくのです。

2009年8月14日 (金)

夏休み

皆様、夏休みも真っ只中、いかがお過ごしですか?
あんまし夜更かししてたら、新学期始まる時に、キツいよ!(ちょっとラモス風に読んで)
その前に、サマーで良いプレー出来ないヨ!(またまたラモス風で、しつこいかな?)

所で皆様、当たり前ですが、夏休みの宿題は、終わりましたか?
必ず、必ず、必ず、必ず、必ず、しつこいけど必ず、やろうね!(・o・)ノ

暑さと誘惑に負けない、むしろ勝つって気持ちでやりきっちゃいましょう!
そうそれこそ、
『自律』への第一歩なんですから!

とまあ大部分の選手は、ドリル系の宿題は終わっていて、日記系か工作系、いわゆる自由研究というのが残ってますか?

他にも、読者感想文とかですかね…?

そんな事を言っている私も、超がつくほどのめんどくさがり。また読者なんて基本的にしなかったので、苦手でした。というか、嫌いでした。基本、漫画ばっかりでしたね。

先日、部屋の掃除をしていた際、埃被りまくってた本棚を整理していたら、以前に読んだ本やら漫画やらを読んでしまい、ハマってしまいました。

龍馬がゆく・剣客商売・ブレイブストーリー・ギャラリーフェイク(ここから漫画)・ブラックジャック・アキラ・北斗の拳、書き出したらキリないですね…。
まぁ見栄はって最初に小説並べる所がミソですね。
それはともかく、その本棚の中に、

はらだみずき著/サッカーボーイズ再開のグランド

がありました。
結構読んでる人も多いですかね?
あまりにも、リアリティのあるというか、共感出来る、はたまた反省させられますね。
最近は涙もろくなってるんで、ラストの試合んとことか、潤んでましたね。
前に読んだ時は、そこまでならんかったのに。
文庫本なんで、同じ小学生が主人公なんで、興味を持って読めるのでは…?
ちなみに、先日の休みに、続編が文庫本で出てたんで、買ってしまい、一気に読んでしまいました。
たまーに、活字中毒になるときがあるんですよね。

まあとりあえず、宿題頑張っておくんなまし。

2009年8月 2日 (日)

大根遠征2

さて二日目なんですが、雨でした。
大根遠征に来て、雨っていう記憶がありません。
ザッと一瞬降るというのはありましたが、ここまで降るとは…。
まぁなんせ、暑くてバタバタと倒れていくイメージなんですが、今年は涼しかったですね。
最初に言っておきますと、2回戦からは雨が酷くなり、PKで順位決定することになりました。

対 千葉北(千葉)3−1

まず会場到着時より雨が降り続いていましたが、この時点では、プレー出来ない程ではなかったです。ただ関東ローム層、みんな黒く泥だらけ。試合は小菅戦のように、中々得点出来ない展開。
時間が経つにつれ、グランドコンディションが悪くなっていくのに、と心配してました。得点を奪えましたが、相手チームが前に前にとプレッシャーを掛けてくるとパスミス判断ミスが続いてしまいます。
流れが悪くなった時や、相手チームの特徴をつかんで、プレーを変えたり、声を掛け合って、コミュニケーションを取り、ピッチの中でピンチを脱していって欲しいですね。
外からでは、限界がありますし、何より、
『サッカーを通じて自律した選手の育成』
がチームの育成目標ですので。
とはいえ、一回戦を勝ち上がり。
この後から、雨脚が強まり、審判をして、ずぶ濡れになってしまいました(┳◇┳)

PK戦は、
対 エスペランサ(東京)

対 飯田(静岡)

に勝利して、敢闘賞のトロフィーゲット。
試合をして勝ち取りたかったですが、天気には勝てないですね。

総括:

全体的みれば、少しずつですが、チームとしとのまとまりも感じられつつあるかと思います。
個人の成長も感じられました。プレー面で特に。
これからは、流れが悪くなった時に、自分達で流れを戻していけるようにして欲しいですね。
生活面も含めてですが予測する力、
何故それをするのか?考えて、判断する力を身につけて欲しいですね。

簡単ですが、報告まで
最後になりましたが、遠くまで応援に駆け付けて下さった皆様、手厚い接待をして下さった大根ラディッシュの皆様、引率して頂きました、櫻井さん星野さん、就活中でしかも、バイトの融通をきかせてくれた中庭コーチ、
無事に遠征を終了出来たのは、皆様のおかげです。
本当にありがとうございました。

ってまだ新幹線の中なんで、もうちょい頑張って無事に帰りたいと思います。

改めまして、今後もチームの皆様のご理解並びに、ご協力をお願い致します。

大根遠征

色んな事がありすぎて、随分更新出来てませんでした。
まだまだ自分の中で、整理出来てない事柄が多いんですが…
クラブの皆様、こんにちは。夏バテしてませんか?
とりあえず大根遠征の簡単な報告を…。

今回も仕事の関係で、大会初日に、秦野入り。
最初の試合に間に合うように、夜間高速バスにて移動…。
バス移動は、厳しいです。(ToT)

対 小菅(東京) 0−1

小菅さんの名物といえば、浅田先生。
御年、女性なので申し上げませんが、もう定年退職をされている方です。懇親会でのお話の上手さは、流石に先生です。
さて試合の中身ですが、
典型的なフットボールの試合、というか得点が上げられず、カウンター(パス3本)で失点。結構押し込んでましたし、中身は中盤も支配してましたが…。
負けてはいけない内容と思いましたが…。
失点する前に2〜3回同じようなカウンターを浴びていたのに、注意しきれていませんでした。試合の中で、相手チームのやり方を感じ、考えて、対応していけてなかったですね。
更には、最近ずっと言い続けている、ボールを失って(奪って)すぐ切替、前後3秒間の速さ。それが出来ていれば、少なくとも失点はなかったと思います。
でも、そんなに悲観する必要はないと思いましたが…。
結果は結果なんで。
GK、シュウト大活躍でした。

対 GP(神奈川) 0−4

日本の少年サッカー界では、草分け的存在。確かに強かったと思いますが、こちらのコンディションが悪すぎました。前日からの疲れもあったでしょうが、何も出来ずの敗戦は、勿体無いですし、悔しかったです。自分達の力が全て出せて、その上での結果なら納得なんですが…。次に繋がりづらい敗戦でした。

とりあえず疲労も大きいと感じたので、試合間隔も空いたので、昼寝タイム。
目覚めたら、全員寝てました。
まぁ、一番寝てたのは、監督でしたが(-o-;)

対 南が丘(神奈川) 3−0

昼寝が効いたのか?遠征初得点しました。先制点を取って、気分を良くしたのか?それともプレッシャーも前の対戦相手より遅く感じたのか?余裕が有りすぎ、段々と雑な展開に。ボールを持てるがために、

止める(足元) 観る プレーする

という悪循環に。更には、ドリブル−ドリブル−ドリブルに。判断のない、意図のないプレーの連続でした。
本来は、

観て(判断して、次のプレーのために) 止めて プレーする

最終的に色んな所で時間が掛かり、一番守備が厳しくなるバイタルエリアやゴール前で、時間とスペースが無くなっていき、得点出来ない展開。
やっぱりゴールを観て、速く判断イメージして、決断実行していかないと、ゴールは奪えないですね。
とはいえ、勝利できたのは、良かったです。

初日は、こんな感じでした。やっぱり関東のサッカーのレベル(日常生活)は、高いというか、シビアですね。
ミスをすれば、即失点に繋がりますし(小菅戦の失点)、一つのトラップミスが、得点に繋がらない。
こういう部分は、高槻に居てると感じられない部分ですね。
ボールを奪う所から始まるのがフットボール。
忘れては、いけませんね。
とはいえ、ボールをしっかりと繋いでいこうとする姿勢は、負けていなかったと思います。
安易にクリアーに逃げず、繋いでいかなかいと、次に繋がっていかないと思っていますので…。
『繋げそのボール 心と技術で』

初日は、こんな感じでした。
子供達の関東弁が気になります。
あっそうそう、案の定?
懇親会にて、監督の代わりに、中庭コーチが生け贄なったのは、言うまでもありません。

「人」ってこんなに変わるんだ〜って思ったほど、低学年の選手が頑張ってサッカーしとったなぁ〜。みんな「試合出たい!」って言ってたし、こっちも、誰を出してあげたらいいか、迷う状況だったけど・・・テンション高かった。

前見た試合は2か月前くらい。その時より、よく動いてボールに触ってるし・・・何より笑ってる選手が多かったなぁ。

着実に成長してる。。。

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »