無料ブログはココログ

« | トップページ | 大根遠征2 »

2009年8月 2日 (日)

大根遠征

色んな事がありすぎて、随分更新出来てませんでした。
まだまだ自分の中で、整理出来てない事柄が多いんですが…
クラブの皆様、こんにちは。夏バテしてませんか?
とりあえず大根遠征の簡単な報告を…。

今回も仕事の関係で、大会初日に、秦野入り。
最初の試合に間に合うように、夜間高速バスにて移動…。
バス移動は、厳しいです。(ToT)

対 小菅(東京) 0−1

小菅さんの名物といえば、浅田先生。
御年、女性なので申し上げませんが、もう定年退職をされている方です。懇親会でのお話の上手さは、流石に先生です。
さて試合の中身ですが、
典型的なフットボールの試合、というか得点が上げられず、カウンター(パス3本)で失点。結構押し込んでましたし、中身は中盤も支配してましたが…。
負けてはいけない内容と思いましたが…。
失点する前に2〜3回同じようなカウンターを浴びていたのに、注意しきれていませんでした。試合の中で、相手チームのやり方を感じ、考えて、対応していけてなかったですね。
更には、最近ずっと言い続けている、ボールを失って(奪って)すぐ切替、前後3秒間の速さ。それが出来ていれば、少なくとも失点はなかったと思います。
でも、そんなに悲観する必要はないと思いましたが…。
結果は結果なんで。
GK、シュウト大活躍でした。

対 GP(神奈川) 0−4

日本の少年サッカー界では、草分け的存在。確かに強かったと思いますが、こちらのコンディションが悪すぎました。前日からの疲れもあったでしょうが、何も出来ずの敗戦は、勿体無いですし、悔しかったです。自分達の力が全て出せて、その上での結果なら納得なんですが…。次に繋がりづらい敗戦でした。

とりあえず疲労も大きいと感じたので、試合間隔も空いたので、昼寝タイム。
目覚めたら、全員寝てました。
まぁ、一番寝てたのは、監督でしたが(-o-;)

対 南が丘(神奈川) 3−0

昼寝が効いたのか?遠征初得点しました。先制点を取って、気分を良くしたのか?それともプレッシャーも前の対戦相手より遅く感じたのか?余裕が有りすぎ、段々と雑な展開に。ボールを持てるがために、

止める(足元) 観る プレーする

という悪循環に。更には、ドリブル−ドリブル−ドリブルに。判断のない、意図のないプレーの連続でした。
本来は、

観て(判断して、次のプレーのために) 止めて プレーする

最終的に色んな所で時間が掛かり、一番守備が厳しくなるバイタルエリアやゴール前で、時間とスペースが無くなっていき、得点出来ない展開。
やっぱりゴールを観て、速く判断イメージして、決断実行していかないと、ゴールは奪えないですね。
とはいえ、勝利できたのは、良かったです。

初日は、こんな感じでした。やっぱり関東のサッカーのレベル(日常生活)は、高いというか、シビアですね。
ミスをすれば、即失点に繋がりますし(小菅戦の失点)、一つのトラップミスが、得点に繋がらない。
こういう部分は、高槻に居てると感じられない部分ですね。
ボールを奪う所から始まるのがフットボール。
忘れては、いけませんね。
とはいえ、ボールをしっかりと繋いでいこうとする姿勢は、負けていなかったと思います。
安易にクリアーに逃げず、繋いでいかなかいと、次に繋がっていかないと思っていますので…。
『繋げそのボール 心と技術で』

初日は、こんな感じでした。
子供達の関東弁が気になります。
あっそうそう、案の定?
懇親会にて、監督の代わりに、中庭コーチが生け贄なったのは、言うまでもありません。

« | トップページ | 大根遠征2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | 大根遠征2 »